今につながる日本史+α

今につながる日本史+α

読売新聞編集委員  丸山淳一

100年前のパンデミックでバブル崩壊した日本

コロナウイルスパンデミックが止まらない。流行の中心は中国から欧米に移り、奥州はイタリア、フランス、スペインを中心に国ごとほぼ閉鎖という状況になっている。日本でも感染者も中国からの帰還者より欧州からの帰還者が目立つようになってきた。

こうなると、経済的な影響も甚大だ。世界的な株価の急落はその端緒で、実体経済にも効いてくるだろう。こうなると。今からちょうど100年前に起きたスペイン・インフルエンザ・パンデミックを経済的な側面からも振り返る必要がある。

読売新聞オンラインwebコラム本文

 ↑クリックし、読売新聞オンラインの読者会員登録をするとお読みになれます

 ちょうど100年前のバブル崩壊

 市場にコロナ禍の前から市場にはバブルの膨張を懸念する声があったことを踏まえると、コロナショックで資産バブルの崩壊が始まったと考えた方がいいかもしれない。

 となれば、流行がおさまれば株価が元に戻るというのは楽観的に過ぎる。何の因縁か、ちょうど100年前の大正9年3月15日、東京株の主要銘柄は暴落し、第一次世界大戦バブルの崩壊が始まっている。

 第一次大戦で欧州の工場は稼働力が落ち、日本に注文が集まったことで、当時の日本はこの直前まで日本では輸出主導の好況が続き、「成金」が続々登場していた。

f:id:maru4049:20200318185551j:plain

大正時代に描かれた成金の姿(『甘い世の中 鳥平漫画』国立国会図書館蔵)

 第一次大戦は日本でスペイン・インフルエンザの本格的な流行が始まった大正7年(1918年)11月に終結したが、その後も好況は続いた。株式市場でも「欧州の生産回復はまだ先で、回復しても日本は中国市場を押さえたから大丈夫」といった楽観論が支配的だった。

スペイン・インフルエンザが経済を動かした?

 しかし、欧州の生産が回復するにつれて日本からの輸出は減り、工場は過剰在庫を抱えてしまった。欧州の生産回復が予想より早かったのは、スペイン・インフルエンザが関係している

 そもそも第一次大戦は、スぺイン・インフルエンザの大流行で終結が早まった。終結後に流行はピークアウトし、欧州は比較的早く生産力回復に取り組める状況が整っていた。

 それを読み間違えた日本の株式市場ではバブルが崩壊した。日本でのスペイン・インフルエンザの流行は欧州より半年ほど遅かった。相場の懸念材料とならなかった背景には、このタイムラグもあったかもしれない。

f:id:maru4049:20200318191851j:plain

当時の株価チャート(『東洋経済株界二十年 大正15年版』国立国会図書館蔵)

 コラム本文でも書いたが、皮肉なことに日本ではスペインインフルエンザの流行期間中に株価が上昇し、流行が終息とともに一転して急落している。

 日本でのスペイン・インフルエンザの流行とバブル崩壊は無関係にも見えるが、これは世界的な流行と日本の流行のピークのタイムラグが関係しているとも考えられる。

 パンデミックの落ち込みの大きさは終息後の回復の早さとイコールでもある。パンデミックの間接的な影響を受けたと考えていいのではないか。

 この急落以降株価は低迷し、大正12年(1923年)の関東大震災、さらには世界大恐慌とショックが続き、金本位への移行といった経済失政も加わって、結局第二次世界大戦まで本格的には回復しなかった。

f:id:maru4049:20200318185706j:plain

マスクをかけた米シアトルの警察官


パンデミックを「はやりかぜ」と軽視

 スペイン・インフルエンザは当時の新型インフルエンザだったわけだが、当時の新聞報道を見ると、特に最初のうちは世界的流行に対する危機感が見受けられない。江戸時代は鎖国していたにもかかわらず、記録を見ていくと、あわせて27回ものインフルエンザの流行があったという。

f:id:maru4049:20200318172605j:plain

 上の表でも分かるが、インフルエンザは外国からくるもの、という認識は古くからあった。つい最近まで使われていた「流行性感冒(略して流感)」の「感冒」という呼び名も中国からの「外来語」だ。

 開国したら外国からウイルス(当時は細菌と思われていたが)の移入は当然予想されたはずだが、水際での検疫などが強化されなかったのは、たかが「はやりかぜ」という認識があったからではないか。

 無理もない。インフルエンザに罹ったら会社を休むというのが徹底されるようになってきたのは、ここ10年程の話だろう。

f:id:maru4049:20200318185855j:plain

インフルエンザの予防を呼びかけるポスター(『流行性感冒国立国会図書館蔵)


必ず終わるが、必ずまた来る

 流行のピークを低く抑えれば死者は減る。今はあらゆる努力が必要だが、不幸にして抑え込みに失敗しても、新型コロナ肺炎の流行はいずれ必ずおさまり、人類が滅亡するわけではない。

 だが、コロナショックが終息しても、いつか必ず次の新型ウイルスの流行がやって来る。今回の新型コロナ対策が、グローバル社会・経済下でのパンデミック対策の試金石になることは間違いない。

 ↑クリックし、読売新聞オンラインの読者会員登録をするとお読みになれます

 中国から日本への感染流入の防止が主眼だった時に、江戸虎列刺(コレラ)の教訓を調べ、もし流行があと1年遅かったら、世界中にウイルスがばらまかれることはなかったかもしれないという話も紹介した。それから状況は変わっているが、よろしければあわせてお読みいただきたい。

maruyomi.hatenablog.com

 

ランキングに参加しています。お読みいただいた方、クリックしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


日本史ランキング


人気ブログランキング

 

 

常磐線9年ぶり全線開通 130年の歴史と未来は

 東日本大震災福島第一原発事故の影響で最後まで不通だったJR常磐線富岡―浪江間が運転を再開し、常磐線は9年ぶりに全線が開通する。上野ー仙台間を走る特急「ひたち」も復活する。常磐線130年の歴史を震災復興とは別の角度から振り返り、全線開通の意味について考えた。

読売新聞オンラインwebコラム本文

 ↑クリックし、読売新聞オンラインの読者会員登録をするとお読みになれます

 2月に日本記者クラブ取材団に参加して福島の現状を取材した2本目の記事だ。福島第一原子力発電所について書いた記事もよろしければお読みいただきたい。

 ↑クリックし、読売新聞オンラインの読者会員登録をするとお読みになれます

  • 双葉駅は立派に建て直されたが...
  •  なぜ直流区間と交流区間があるのか
  •  東京の都合に翻弄されてきた福島
  • 完全復旧後の活用法を考えないと

双葉駅は立派に建て直されたが...

 

  

 上の動画は常磐線双葉駅と常設駅に格上げされるJヴィレッジ駅を通過する657系と651系だ。双葉町はまだ大部分が帰還困難区域だが、駅は建て直され、除染が完了した駅周辺は避難指示が解除されている。とはいっても本格的に住民の帰還が始まるのは2022年以降になる。駅が復旧しても復興はまだ、これからだ。

 動画後半の楢葉町のJヴィレッジ駅ホームは、工期短縮のため発泡スチロールを積み上げて土台にしている。これでも強度は十分だという。東日本大震災前まで特急車両だった651系は、地元の要望もあって普通列車として運行されている。

 双葉駅の動画を見ると分かるが、手前の線路が取り払われている。震災前はこの区間は複線区間だったが、単線で復旧された。

f:id:maru4049:20200314033343j:plain

14日から特急「ひたち」として走るE657系

 列車の本数を考えれば単線でも問題はなかったのに複線化されていたのは、効率的な石炭輸送をするためだ。さらに東北本線を補う東京から北へのバイパスとして、長距離特急の高速運転が行われていたことも理由だった。

 動画で走行しているE657、651系はいずれも交流でも直流でも走れる交直両用車だ。コラム本文では触れていないが、鉄道好きならこの理由はご存知だろう。

続きを読む

「Fukushima50」を観て考える「10M」と「400年」

 東日本大震災からまもなく9年になる。福島県双葉町大熊町にまたがる東京電力福島第一原子力発電所(イチエフ)で起きた事故と、迫りくる「チェルノブイリ×10」の危機と闘った吉田昌郎まさお(1955~2013)所長らの姿を克明に描いた映画「Fukushima50」が6日、公開される。

     youtu.be

 2月に日本記者クラブの取材団に参加し、そこで見てきたことも加えて、そもそもイチエフはどうしてあの地に建ったのかについて振り返った。原作となった『死の淵を見た男』(角川文庫)の著者、ジャーナリスト、門田隆将かどたりゅうしょうさんとラジオ番組で共演し、インタビューして記事にまとめた。

 読売新聞オンラインwebコラム本文

↑どちらもクリックし、読売新聞オンラインの読者会員登録をするとお読みになれます

 吉田らのインタビューをもとに、あの時、何があったのかを描いたという意味では、『死の淵を見た男』の右に出る作品はないと思う。門田さんはこの本のなかで、事故の最大の原因は「海面から10メートルという高さに対する過信だった」と記している。

 致命的だったのは、原子炉を冷やす非常用電源が「十円盤(「10Mの敷地」の意味)」のタービン建屋の地下に設置され、津波で全電源を喪失してしまったことだ。この点については政府や国会、東電などの事故調査委員会がさまざまな報告書を出し、東電旧経営陣が強制起訴された訴訟でも焦点になっている。

 コラムも門田さんへのインタビューも、その点に多くの行数を割いた。2月上旬に日本記者クラブの取材団に参加し、廃炉作業が続くイチエフを取材し、高低差も実感してきた。

f:id:maru4049:20200305155901j:plain

門田さん(左)にインタビューを終えて
続きを読む

新型コロナ拡大 江戸の虎列刺(コレラ)の教訓生かせ

      f:id:maru4049:20200127004106j:plain

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が加速している。2002~03年に大流行し、中国で349人が死亡した重症急性呼吸器症候群SARS)を大きく上回る拡散で、感染は全世界に広がっている。

  •  最悪の場所とタイミング
  • 鎖国の日本で「虎列刺」流行
  • 箱根で止まった最初の流行
  • 警告は過大過ぎてもいけない
  • 無責任な噂の罪深さ

 最悪の場所とタイミング

 当初は感染力は弱いといわれていたが、実は感染力は強く、潜伏期間中にも感染する点がSARSとは異なるという。2月24日には流行の拡大による経済への悪影響を懸念し、世界同時株安が進んだ。

ここまで流行が広がったのは、最初に感染が確認された中国湖北省武漢市での中国当局の対応が後手に回ったことが大きい。場所とタイミングが悪いことを、初期段階からもっと深刻に受け止めていれば、こうはならなかったのではないか。

 武漢市は中国のへその部分に位置し、人口は東京都並みの1100万人もいる。高速鉄道地図を見ると、居住者はもちろん、それ以外にも多くの人が行き来する交通の要衝であることが分かる。

f:id:maru4049:20200126231357j:plain

中国の高速鉄道網地図。武漢は“へそ”に位置し、東西南北への交通の要だ

 しかも1月25日から中国は春節を迎え、のべ30億人が移動する時期だった。今回の流行は「世界最大の民族移動」の時期に、移動の“へそ”で発生したわけだ。

 中国当局武漢市で交通を遮断して事実上封鎖し、近隣の都市も含めて4000万人を居住する都市に封じ込めた。国外への団体旅行は1月27日に禁止された。しかし、少し遅すぎた。春節が始まる前にすでに多くの人が国内外の旅行先に向かってしまっていた。

 中国の「春節」と新型肺炎拡散との絡みについては別のコラムを書いている。3月以降は流行の中心は欧州に移り、世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的な大流行)とみなせると位置付けたため、さらにコラムを追加した。よろしければお読みいただきたい。

maruyomi.hatenablog.com

 

続きを読む

バス「とまります」ボタンは日本独自の文化だった

              f:id:maru4049:20200223035334j:plain

 新型コロナウイルスの感染拡大で公共交通機関の対策が強化されている。乗客にマスク着用や手洗いの励行を求めているほか、社内の消毒も強化されているようだ。

 社内では手すりやつり皮を持たないわけにはいかない。つり革を手首でひっかけたり、手すりをハンカチを持って握る人もいるようだが、ちょっと気になるのがバスの降車ボタン。消毒する回数にも限りがあるだろうし、押さないわけにはいかない。小さな子どもが押したがる傾向があるのも心配だ。

  •  日本の降車ボタンの長所
  • ランプ付きは前回の東京五輪前に登場
  •  日本流の気遣いが凝縮
  • なぜいつまでもブザーと呼ぶのか

 日本の降車ボタンの長所

 だが、日本のバスの降車ボタンは最初の一人が押せば「とまります」のランプがつくので、ほかの人はボタンを押さない。欧米の乗合バスにも降車ボタンはあるが、ランプはつかないものがほとんどだという。

 多くの人の“空押し”を防いでいる光るボタンは感染拡大を少しは防いでいるかもしれないし、外国のボタンより寿命も長いのだろう。ライト付きボタンは日本では当たり前だが、日本のほかには日本製の乗合バスが輸出された韓国、台湾くらいにしかないのだそうだ。

 このバスの降車ボタンには、約70年の歴史がある。乗合バスに車掌が乗らなくなり、ワンマンバスが登場した際に誕生した。日本初のワンマンバスは1951年(昭和26年)に大阪市交通局が走らせたが、このバスにはすでに降車ボタンがついていたという。

ランプ付きは前回の東京五輪前に登場

 押すとランプがつく降車ボタンが初めて登場したのは前回の東京五輪の前年、昭和38年(1963年)で、開発したのは東京都北区の王子ダイカスト工業(現オージ)だった。バスのワンマン化が進むにつれて、1970年代〜90年代には他社も降車ボタン製造に参入し、「とまります」「次とまります」の文言などが異なるさまざまなボタンがつくられた。

             f:id:maru4049:20200223035638j:plain

 しかし、まずランプのレンズが基本的に紫色に統一され、バリアフリー法の施工を受けて平成16年(2004年)に色や取付位置の高さまで規格化されたバリアフリータイプに統一された。これ以降は製造から撤退する企業が相次ぎ、現在ではオージと岐阜県本巣市に本社があるレシップだけが降車ボタンを製造している。

続きを読む

「麒麟がくる」に登場 織田信秀の実像とは

 「麒麟がくる」はかつての大河ドラマ国盗り物語」と同じく、織田信長(1534〜82)の義父となる斎藤道三がしっかり登場し、本木雅弘さんの“怪演”が話題となっているが、高橋克典さん演じる実父の織田信秀(1511〜52)についても丁寧に描かれている。

 信長は尾張統一からほぼ天下を手中に収めるまでを一代で成し遂げているが、この背景には義父となる道三と実父の信秀が築いた土台と支援があった。

  • 代理の代理の傍流の家臣
  •  津島湊の経済力でのし上がる
  •  美濃、駿河と何度も戦う
  • ドラマが加納口の戦いを天文16年にしたのは?
  • 三河の緊迫化受けた帰蝶の輿入れ
  • 三河の戦いは竹千代争奪戦だった? 
  • 信秀は好戦的な武将だったのか

f:id:maru4049:20200217000118j:plain

織田信秀木像(萬松寺蔵、『郷土勤皇事績展覧会図録』国立国会図書館蔵)



代理の代理の傍流の家臣

 そもそも信秀、そして信長の家である弾正忠家は尾張守護代ではなかった。尾張の守護は室町幕府三管領家の名門・斯波氏で、織田家は確かに尾張守護代(守護の代理)だったが、それは信秀の家とは別の織田家だ。

 しかもその守護代織田家も2つに分かれていた。尾張の上4郡(丹羽、羽栗、中島、春日井)を領する岩倉織田家の伊勢守信安と、下4郡(海東、海西、愛知、知多)を領する清州織田家の大和守達勝が両方守護代として覇を競っていたのだ。

 もともとは守護代織田家はひとつで、守護の斯波氏を補佐するため斯波氏とともに京都にいた。領国には一族から守護代の代理となる「又守護代」を派遣し、又守護代は「伊勢入道」の異名を持つ織田常松が始まりとされる。

 元々の守護代は伊勢守家の岩倉織田家だったとみられ、清州の大和守織田家は傍流という説が有力だ。信秀の弾正忠家は傍流の方の大和守家に仕える3奉行の家のひとつだった。つまり、「守護の代理の代理の傍流に仕える3奉行のひとり」に過ぎなかったわけだ。

続きを読む

信長も認めた?蘭の効用 1鉢に込められた歴史と愛情

 2月14日から東京ドームで「世界らん展2020」が始まる。今年は30周年ということで特別展示もありますが、蘭栽培にも深くて長い歴史があります。今回は日本人4人、福羽逸人、大隈重信、島津忠重、岩崎俊彌の4人にスポットをあてて、その歴史の一端を調べてみた。

  読売新聞オンラインwebコラム本文

↑期間限定で読売新聞オンラインに読者登録せずにワンクリックでお読みになれます

  • 単なる金持ちの道楽ではない
  •  信長が栽培許可?薬草だった和蘭
  •  貝原益軒は蘭を育てていない?
  • 洋蘭150年、波乱万丈の歴史

f:id:maru4049:20200214011727j:plain

大隈が育てた蘭「デンドロビウム

単なる金持ちの道楽ではない

 蘭栽培というと、どうしても欧米の価値観を丸呑みした金持ちの道楽というイメージがある。歴史の断面をみていくとそういう側面も確かにあるが、蘭を愛でた人は決してそれだけではなかった。むしろ高価な蘭が投機の対象として扱われることに強い危惧を抱いていたことが分かる。

 道楽というだけでは片づけられない苦労をしていることも分かる。背景には蘭栽培に対する強い信念があり、4人ともむしろ単なる道楽ではないということを身をもって示している。

 福羽は蘭栽培を花序や野菜の農業技術普及のてこにしようとしていたし、大隈は日本の文化の水準の高さと、和洋を分け隔てなく愛し、蘭を通じて自然と向き合おうとした。島津は西洋を超えた新たな価値観を見出し、岩崎は難しい栽培法にこだわって不屈の精神を蘭に込めた。各々の信念と情熱についてはコラム本文をお読みいただきたい。

f:id:maru4049:20200214011842j:plain

大隈が育てた蘭「オンシジウム
続きを読む