今につながる日本史+α

今につながる日本史+α

読売新聞編集委員  丸山淳一

畠山重忠と同じ「死ぬどんどん」の犠牲者、稲毛重成

 毎回のように誰かが権力闘争の犠牲となり、いわれなき死を遂げる。SNSでは朝の連続テレビ小説をもじって「死ぬどんどん」の異名がついた『鎌倉殿の13人』。9月18日放送回では、鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡』が「譜代勇士、弓馬達者、容儀神妙」とほめあげた坂東武者のかがみ 、畠山重忠(1164~1205、演:中川大志さん)が謀反の疑いをかけられ、殺された。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文がお読みになれます

  • 上総広常を上回る理不尽さ
  • 途中から陰謀の主役は義時に?
  • とばっちりで殺された稲毛重成
  • スーパーの店名に名を残した重成

上総広常を上回る理不尽さ

 ドラマで理不尽な 誅殺ちゅうさつ が目立つようになったのは、4月17日放送回「足固めの儀式」で、有力御家人上総広常かずさひろつね (?~1184、演:佐藤浩市さん)が謀反人の汚名を着せられ、源頼朝(1147~99、演:大泉洋さん)の命を受けた梶原景時(1140?~1200、演:中村獅童さん)に“公開処刑”されてからだろう。

 だが、重忠の死の理不尽さは広常を上回る。広常にも謀反の意思はなかったが、頼朝が京都の朝廷に近づくことに反対し、「関東ファースト」を求めるなど、頼朝の路線を否定するところがあった。それに対して重忠は、武勇、人格、識見などが申し分ない上に、頼朝に忠実に従っていた。

血まみれになって戦う重忠(月岡芳年芳年武者旡類』東京都立図書館蔵)

 その重忠になぜ謀反の濡れ衣を着せられたのか、コラムでは“史実”に基いて振り返っている。史実がカッコ付きなのは、ドラマ主人公の北条義時(1163~1224、演:小栗旬さん)のこの時の動きを正当化するため、『吾妻鑑』に相当な脚色がある、とみる向きが多いからだ。

薄字は畠山の乱発生時には故人。赤字は女性

途中から陰謀の主役は義時に?

 執権で義時の父、北条時政(1138~1215、演:坂東彌十郎さん)は、時政の後妻、牧の方(生没年不明、演:宮沢りえさん)の告げ口に振り回され、暴走してしまった感は否めない。だが、そのきっかけとなった一粒種の北条政範まさのり(1189~1204)の毒殺と、重忠の嫡男、畠山重保(?~1205、演:杉田雷麟さん)がそれを通報したという話はドラマ上のフィクションだ。時政が政範の死に関して畠山氏を恨む理由はなく、牧の方に讒言されても真に受けるとは考えにくい。

政範の遺品を見て憤怒を募らせる牧の方(『畠山重忠:少年武士の鑑』国立国会図書館蔵)

 となると、畠山の乱は時政夫妻の言いがかりが発端だったとしても、途中から義時による「畠山潰し」、さらには「時政排除」の陰謀に性格を変えたと考える方が自然、ということになる。

続きを読む

関東大震災から99年 知るべき教訓とは 

 10万人を超える犠牲者を出した大正12年(1923年)9月1日の関東大震災から99年。この震災では特に隅田川東側の江東地区、当時の本所区(現在の墨田区南部)と深川区江東区北西部)の被害が大きく、両区での焼死者はあわせて5万人を超えた。このうち3万8000人が本所区横網の陸軍 被服廠ひふくしょう 跡で亡くなっている。

東京の火災被害図(『東京震災録』東京都立図書館蔵)

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文がお読みになれます

 

「防災ニッポン」鈴木淳・東大教授インタビュー

↑読売新聞オンラインンとは別サイトです。読者登録せずお読みになれます

 政府の中央防災会議の専門調査会委員で、関東大震災の検証を担当した東京大学教授の鈴木淳さんは、地震からしばらくの間、江東地区が公的救護の“空白地帯”になってしまっていたと指摘する。なぜこんなことが起きたのか。今回のコラムはその点に焦点を絞った。鈴木さんのインタビューは「防災ニッポン」に公開した。

翌日には民間人も甚大な被害を知っていた

 当時の東京の行政機関は今の都にあたる東京府と15の区を持つ東京市が担っていた。皇居を守る近衛師団と、南青山(今の港区青山)に司令部がある第一師団が 衛戍えいじゅ (駐屯)し、多くの兵営や衛戍病院(陸軍病院)もあった。警視庁の施設も多かったし、日本赤十字や大きな病院もあった。しかし、地震発生で鉄道や電信電話は不通になり、隅田川の東に行く橋の多くが崩落したことで、関係機関は被害の把握に手間取った。

被服廠後の犠牲者の白骨の山(『関東大震災画報』東京都立図書館蔵)

 2日朝になると、被服廠跡には親戚や知人の安否を心配した人々が多数訪れている。惨状を見て自宅に戻り、握り飯を持参して再び訪れた人もいた。2日には本所区役所の職員が東京市役所と赤十字本社病院を訪れて救助を求めているし、被服廠跡で救護活動を行っていた相生署も警視庁に被害状況を報告している。しかし、それらの情報は、すぐには江東地区や被服廠跡への救護部隊の派遣につながらなかった。

市は都心での対応に追われ、警視庁は庁舎が全焼

 東京市二重橋前日比谷公園芝公園で給水や乾パンの配布を行うなど、都心部などの救護活動に注力している。相生署の報告は被害の深刻さがわかりにくく、救護出動の可否の決め手となる負傷者の有無も伝えていない。しかも「午前10時頃両国橋が出火し延焼中」という誤報も記されていた。警視庁でも情報の真偽を確認すべきだったが、地震発生が土曜日で、多くの職員は帰宅してしまった。その後に庁舎が焼け、警視庁は偵察要員を出す余力がなかった。

瓦礫を除去する陸軍兵士(東京都立図書館蔵)

「救護」より「警備」を優先させた陸軍部隊

 東京に駐屯する陸軍の動きも遅かった。当時の軍には「各部隊は衛戍地を守る」という決まりがあり、江東地区は近衛師団と第一師団が救護や警備にあたることになっていた。ところが東京の部隊も都心の対応などに追われ、最初に江東地区に入ったのは千葉の部隊。しかもその任務は「救護」ではなく「警備」とされ、兵士たちは食料や救急機材ではなく、銃を担いで被災地に入っている。異例の命令が出た背景には、陸軍の指揮系統の乱れもあった。この詳しい経緯や震災直後の体制についてはコラム本文に記したのでお読みいただきたい。

復興予算はどう調達したか

 コラム本文で書けなかったことに復興予算がある。東日本大震災では所得増税が行われたが、関東大震災の復興財源はどのように調達されたのか。

 復興にあたった帝都復興院総裁の後藤新平(1857~1929)は東京市長や鐡道院総裁などを務め、壮大な復興計画を進めたことで知られる。

 しかし、当時は地方議会の権限が強く、予算は議会を通らなかった。都市計画用地の収用については「銀座の大地主」と呼ばれた枢密院の重鎮、伊東巳代治(1857~1934)の猛反対を受ける。意外なことに、当時は財産権(私権)の制限に対する抵抗感はかなり強かった。後藤の青写真は後退を余儀なくされ、復興予算は当初の6分の1に削られた。

後藤新平(左、国立国会図書館蔵)と伊東巳代治(『現代人物評論』国立国会図書館蔵)

 計画の後退で増税国債発行による財源確保は不要となり、関東大震災の復興財源は基本的に財政剰余金で賄われている。第一次世界大戦後の好況による税収の自然増収で国には潤沢な内部留保があった。国は補正予算も組まず、剰余金の責任支出で済ませている。東京市横浜市は市債を発行しているが、その額は小さかった。

  2023年は関東大震災から100年の節目を迎える。はるか昔の話、とは言えない。首都直下地震はいつ起きてもおかしくない。関東大震災から学ぶことはまだ多いはずだ。

 

 

 

books.rakuten.co.jp

ランキングに参加しています。お読みいただいた方、クリックしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


日本史ランキング


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

終戦77年の夏に振り返る81年前の「総力戦研究所」の結論

 終戦から77年の8月15日が過ぎたが、今回は81年前の夏、昭和16年(1941年)夏の話から始めたい。当代一流の経済学者を集め、主計中佐の秋丸次朗(1898~1992)が率いた陸軍省戦争経済研究班(通称「秋丸機関」)が、この夏に陸軍上層部に「日米の国力差は20対1」と報告していた話はすでにとり上げた。

 もうひとつ、政府直轄の調査研究機関「総力戦研究所」の「模擬内閣」も昭和16年の夏、「日本必敗」の予測を出している。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文お読みになれます

総力戦研究所とは

 作家で参議院議員猪瀬直樹さんの著書『昭和16年夏の敗戦』によると、この研究所は各省庁や陸海軍、民間から選抜された若手エリートを集め、戦争を主導する人材を育てるために設立された。総力戦のための調査研究機関といっても、主眼は指導者の育成にあり、イギリスの「国防大学」がモデルだという。

 昭和16年4月に入所した1期生35人(官僚27人、民間8人)は座学に加えて軍艦の見学なども行っているが、総力戦を指導するには縦割りの打破が不可欠だ。当時はともすれば政府の官と民、各省と陸軍、海軍がいがみあって、データの共有などができていなかった。

 そこで、7月からは研究生が首相や閣僚役になる模擬内閣がつくられ、総力戦を学習するための机上演習が行われた。閣僚役となった研究生は出身省庁や企業から極秘データを取り寄せ、省庁間の縦割りを排除して今の国力で米英と戦争したらどうなるか、総力戦の展開を予測した。

模擬内閣が出した「日本必敗」の結論

 優秀な頭脳を突き合わせ、模擬内閣が8月16日の「閣議」で出した結論は「日本必敗」。「開戦後、緒戦の勝利は見込まれるが、その後は長期戦が必至で、その負担に日本の国力は耐えられない。戦争終末期にはソ連の参戦もあり、敗北は避けられない」。秋丸機関の報告書より端的に日本の敗北を予想している。原爆投下を除き、この予想はほぼ的中した。

あまりに不合理な東條英機の感想

 模擬内閣の結論は8月27、28日に首相官邸で首相の近衛文麿(1891~1945)や陸相東條英機(1884~1948)ら政府・軍部首脳に報告された。『昭和16年夏の敗戦』に記された東條の感想は、当時の指導部を覆う「空気」を表している。ちなみに東條は結論の報告を受ける前から研究所を訪れ、模擬内閣の閣議の議論を熱心にメモしていた。

    

 「戦というものは、計画通りにいかない。意外裡なことが勝利につながっていく。したがって、君たちの考えていることは、机上の空論とはいわないとしても、あくまでも、その意外裡の要素というものをば考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経過を、諸君は軽はずみに口外してはならぬということでありますッ」

 この感想の不合理さはお分かりだろう。そもそも意外な要素が机上演習で入らないのは当然で、そうした天祐が排除されなければ総力戦など指導できるはずがない。総力戦を覚悟するなら、「とらぬ狸の皮算用」、つまり計画倒れがないか、にこそ入念な検討が必要なはずだが、東條はその逆のことを言っている。

 にもかかわらず、なぜ開戦が選択されてしまったのか。コラム本文では慶応大の牧野邦昭教授が行動経済学プロスペクト理論)と社会心理学の観点から分析した結果を紹介しているので、お読みいただきたい。

続きを読む

いたずらは許されないお盆最後「京都五山の送り火」の伝統とは

 8月16日夜、「京都五山送り火」が行われる。お盆(=盂蘭盆うらぼんえ)」の最終日に精霊を送り出す仏教行事で、祖霊(お精霊さん)を再び浄土(死後の世界)に送る火を灯す。過去2年は新型コロナ感染対策として規模を縮小して実施したが、今年は3年ぶりにすべての火床で点火が行われる。

「お盆」の歴史については、以下のコラムをお読みいただきたい。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読者登録をするとぽ全文がお読みになれます

  • 送り火の起源ははっきりしない
  • 戦勝祝いで点灯、「Z」の文字も
  • 令和の「勝手に大文字」犯人は不明のまま

送り火の起源ははっきりしない

 五山送り火の起源ははっきりしないが、戦国時代に盛んに行われた万灯会まんとうえが山腹で行われるようになったという説がある。織田信長(1534~82)が天正9年(1581)の盂蘭盆会の夜、安土城を提灯などでライトアップして、宣教師をあっと言わせた逸話は有名だが、この催しも万灯会の催しのひとつだったとされる。

五山の送り火の風景(『東山名所図会』国立公文書館蔵)

 江戸時代前期には、ほぼ今の形で行われるようになったとみられ、公家の舟橋秀賢(1575〜1614)の日記『慶長日件録』の慶長8年(1603)年7月16日の条に「晩に及び冷泉亭に行く 山々灯を焼く 見物に東河原に出でおわんぬ」とある。寛文年間には「船形」「大文字」「鳥居」や「左大文字」が点火されたという記述がある。

 現在では如意ヶ嶽の「大文字」のほかに、松ケ崎にある西山・東山の「松ケ崎妙法」、妙見山の「船形万燈籠」、大文字山の「左大文字」、そして仙翁寺山の「鳥居形松明」が灯される。江戸時代後期には市原野の「い」、鳴滝の「一」、西山の「竹の先に鈴」、北嵯峨の「蛇」、右京区観音寺の「長刀」などもあったという。

 起源とされる時期はそれぞれの送り火によって平安時代初期から江戸時代初期までさまざまだが、いつから、なぜこの文字やマークが描かれるようになったのか、伝承以外の確かな記録はほとんどない。 

京都五山送り火で、夜空に浮かび上がった「大」の文字

戦勝祝いで点灯、「Z」の文字も

 だが、長い歴史を持つ「五山の送り火」は明治以降、お盆と関係なく点火されたことがよくあった。明治時代には琵琶湖疎水の竣工や日清・日露の戦勝祝いなどで何度かお盆以外の時期に点火されている。

 昭和51年(1976年)2月には大物ロック・アーティストのフランク・ザッパ京都大学西部講堂で公演を行う直前に、京大のザッパ・ファンらが懐中電灯を使って夜の京都に「Z」の文字を浮かび上がらせる「ザッパ焼き」を行っている。

 翌日に新聞などで取り上げられて話題となり、チケットは完売。ザッパ自身もたいそう喜び、アルバム『虚飾の魅惑』のライナーノーツにもこの話が登場する。ザッパ焼きを呼びかけたのはザッパを日本に呼んだ当時イベントプロデューサーの木村英輝さんとされる。木村さんは大文字保存会から抗議されたが、「大」の字ではなく、懐中電灯なら許されると思っていたようだ。

 2022年に「Z」の字を描いたら、ウクライナ侵略を祝う気か」と強烈な批判が集まっただろう。時期とともに描く文字には実行者のメッセージが込められる。パロディやいたずらはご法度なにだが、その後も如意ケ嶽に登っていたずらしようとするいたずらはあったようで、「『大』の字が『犬』『太』になった」という真偽不明の話も残っている。

続きを読む

コロナ禍3年目の夏に考える「お盆」の意義

  

 新型コロナウイルスの感染拡大「第7波」が勢いを増す中で、日本最大の民族大移動の時期「お盆」の週がやって来た。今年は行動制限のない久しぶりの夏。東北では大雨被害が心配されたが、3年ぶりの「三大祭り」が始まった。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文がお読みになれます

  • 太陽暦の採用でスライドしたお盆
  • 旧暦にも戻さず「中暦」が定着
  • インドの「逆さ吊り」が起源
  • さらに終戦の日が加わって...、
  •  新たな生活様式にあわせたお盆

太陽暦の採用でスライドしたお盆

 諸説はあるが、コラム本文では「東北三大祭り」の起源はいずれも「七夕」で、七夕はお盆の行事の一環だったという説が有力だと紹介した。

 お盆が8月13〜16日に行われるようになったのは、今の暦(太陽暦)が採用された明治6年(1873年)以降。それまでは旧暦(太陰太陽暦)の7月15日に行っていた。旧暦と新暦とを同じ日とみなしてスライドさせたわけだが、太陽暦7月15日(つまり、今の7月15日)は農繁期で、学校も休みではなく、特に農村では大人も子どもも行事の準備をする余裕がなかった。1か月遅れの8月15日なら農作業もひと息つき、行事がしやすい。都市部でも工場の操業を一斉に止めて、子どもの夏休みに合わせて同時に休めば帰省ができる。お盆休みは製造業、つまり工場中心の日本の産業モデルにもあっていた。

 月遅れのlお盆はこうして定着していくが、お盆と七夕は一体的な行事なのだから、お盆を衝き遅れにするなら、七夕も月遅れの8月7日に行うようにすべきだったのかもしれない。

旧暦にも戻さず「中暦」が定着

 中国など東アジアでは太陽暦を採用しても年中行事は旧暦にあわせて行うのが普通で、例えば正月は日本では太陽暦の1月1日に祝うが、中国では旧暦の1月1日(春節)に祝う。これは法律などで決められたわけではない。では、旧来通り旧暦の7月15日にお盆の行事を行えばいいかというと、それも難しかった。旧暦の7月15日は今の暦では年によって8月前半から9月前半までの異なる日となるから、毎年行事の時期がずれてしまう。

 実際に正月を春節で祝う中国など東アジアの国では、毎年正月休暇の時期がずれている。これらの国は旧暦を併用することによるずれを受けいれているが、日本は、年中行事を西洋の合理主義(製造業中心の成長モデル)にあわせて旧暦を捨て、お盆の中日が毎年代わることがないように、8月のどこかに決める流れになった。太陽暦の採用以降にお盆については「中暦(月遅れ)」が普及したのは、日本ならではの事情もあると思われる。

 なお、日本が太陽暦を採用した経緯については、別のコラムでも詳しく記している。 

インドの「逆さ吊り」が起源

f:id:maru4049:20200804114758j:plain

 そもそも仏教行事の「盂蘭盆」はサンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」が語源とされる。亡き母が極楽に行けずに地獄で逆さ吊りにされていることを知った弟子が、釈迦から「夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことができる」というアドバイスを受け、実行したのが始まりという。

 語源は古く、由緒正しい行事ということがわかる。この盂蘭盆会の行事が日本の祖霊信仰と融合し、旧暦の7月15日⇒新暦の8月15日に日本独自のお盆の風習ができていった。

続きを読む

加来耕三さん、中西悠理さんと対談 歴史を学ぶ醍醐味とは

 読売新聞本紙の広告企画で、歴史教養番組「偉人・素顔の履歴書」(BS11、毎週土曜日午後8時放送)に出演中の歴史家、加来耕三さんと番組MCの中西悠理さんと対談してみませんか、と誘われて、ふたつ返事で引き受けた。番組を見ていただけでなく、加来さんの著書の何冊かには目を通し、コラムのヒントもいただいている。才媛の中西さんも「歴史を勉強中」とはご謙遜、新鮮な視点が面白かった。

 対談をまとめた広告には収容しきれない面白い話がほかにもたくさんあった。もったいない! お二人の許可をいただき、コラム番外編として公開することにした。なお、話の内容に合わせて発言の順序などは再構成している。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録しなくても全文お読みになれます 

 読者登録は必要なく全文無料で読めるので、ご一読願いたい。なお、記事広告の方は7月29日の読売新聞朝刊に掲載された。

     

読者登録せず全文読めるので↑をクリックしてお読みいただきたい。むろん、たくさんの偉人が登場する。

 

 

 

ランキングに参加しています。お読みいただいた方、クリックしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 テレビブログへ

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


日本史ランキング

 

 

13人が出そろった直後に13人ではなくなった「鎌倉殿の13人」 

 北条義時が主人公のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、大泉洋さんが演じた源頼朝(1147~99)が退場し、後半戦に入った。タイトルの「鎌倉殿」は鎌倉幕府の将軍で、「13人」は頼朝の死後、若くして後継者となった2代将軍の源頼家(1182~1204)を支えた宿老を指すことは改めてドラマの中で説明された。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文がお読みになれます

  • 13人がようやく出そろった
  • 13人の人選をしたのは北条時政
  • 13人が一堂に会した記録はない
  • 1年ももたずに崩壊した合議制

13人がようやく出そろった

 ドラマ開始時に公開したコラムでは、13人のうち3人の配役が決まっていなかった。ようやく出そろったので一覧を手直ししたうえで改めて掲示しておく。13人の生没年とドラマでの配役は表に記したので文中では表記しない。

 ドラマの中世軍事考証を担当する戦国史学者の西股総生さんは「鎌倉軍事政権の誕生 軍事政権の試練」と題した最新の論考のなかで、13人を頼朝の挙兵当初からのグループ(旗揚げ組)、一度は敗れた頼朝が房総に逃れ、勢力を回復してから帰参したグループ(後乗り組)、幕府の実務を担わせるため京から招いた下級貴族(文官組)に3分類し、旗揚げ組が5人、後乗り組が4人、文官組が4人となっていることを指摘する。

 また、東京大学史料編纂所教授の本郷和人さんは『北条氏の時代』のなかで、出身地のバランスに注目している。頼朝は幕府の拠点・鎌倉を囲む位置に所領を持ち、箱根権現や伊豆山権現を信仰していた伊豆(静岡県)、駿河(同)、相模(神奈川県)、武蔵(埼玉県など)の4か国の出身者を重用しており、それが人選にも反映されたというのだ。

 13人のうち京都出身の文官組4人を除いた9人の出身地は相模が3人、武蔵が2人、伊豆が2人、下野(栃木県)が1人(安達盛長の出身地は不明)。確かに実力では13人より上位の房総の千葉氏や北関東の小山氏など、複数の有力な御家人が含まれていない。

続きを読む