今につながる日本史+α

今につながる日本史+α

読売新聞編集委員  丸山淳一

『レジェンド&バタフライ』が描く日本一有名?な政略結婚

  

 東映創立70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』が全国公開された。天文18年(1549年)に政略結婚で夫婦となった2人が、天正10年(1582年)の本能寺の変まで、乱世を駆け抜けた33年間を描く。織田信長(1534~82)を木村拓哉さん、正室帰蝶きちょう濃姫のうひめ、1535~?)を綾瀬はるかさんが演じている。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文お読みになれます

 脂の乗り切った人気俳優のW主演だけでも話題十分だが、総製作費20億円をかけて巨大なオープンセットを組み、国宝を含む全国30か所以上でロケを行った。岐阜城安土城のセットとⅭGはしっかりした考証も経ており、これだけでも見る価値がある。

  • 映画が描く夫婦の物語
  • 天下人の正室は謎だらけ
  • 父の「国盗りの切り札」として
  • 信長の重要な戦略パートナー
  • 信長の天下取りをプロデュース
  • その名の通りの「バタフライエフェクト

映画が描く夫婦の物語

 タイトルの「レジェンド」は信長の英雄「伝説」、「バタフライ」は帰蝶の「蝶」。タイトルに2人を並べたのは、この映画が男と女の物語であることを示している。信長と帰蝶との相性は結婚当初は最低最悪だったが、2人は次第に絆を強め、ともに天下統一の夢の実現に邁進まいしんする。戦いに明け暮れるうち信長は人の心を失い、帰蝶も病んでいく。2人が絆の大切さを思い出した時には、本能寺の変が目前に迫っていた――。信長と帰蝶はほぼ全編にわたって登場する。この映画は夫婦の物語なのだ。

『絵本太閤記』が描く信長と帰蝶。2人が1枚の絵に描かれるのは珍しい(国立国会図書館蔵)
続きを読む

家康はか弱い白兎か虎の子か…干支に2説

 読売新聞オンラインでコラムを書いて5年になった。長い間コラムを書いていると悩ましい問題に突き当たる。取り上げる人物の生没年もそのひとつ。ÑHK大河ドラマで放送中の『どうする家康』主人公の徳川家康(松平竹千代)についても悩ましい問題がある。

  • 家康自身が年齢サバ読みを認める
  • 磯田道史さんも卯年誕生説を支持
  • 公式見解も家康も正しい?
  • 和暦→西暦で悩むことも

 家康が岡崎城で産まれたのは、天文11年(1542年)12月26日というのが定説だ。徳川家の系図『徳川家譜』も家伝の『松平記』も生まれは天文11年。元和2年(1616年)年に75歳で没したという記録から逆算しても天文11年の生まれになる。確かにこの年と月日は「壬寅」の「寅の日」で、家康はドラマの中で、自身も「寅(虎)の子だ」と言っている。

岡崎城に残る東照公産湯の井戸
続きを読む

『どうする家康』の家康像、どうする?

でっぷり太った典型的な徳川家康

 戦国の世を終わらせた徳川家康(1542~1616)を松本潤さんが演じるNHK大河ドラマ『どうする家康』の放送が始まった。前作の『鎌倉殿の13人』は毎週誰かが誅殺されることから「死ぬどんどん」の異名がついたが、作者の古沢良太さんは、月曜日に会社に行く励みになるようなドラマを目指しているようだ。

 もちろん松本さんをはじめとする俳優陣の演技にも注目だが、『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』やなどを手掛けた当代きってのヒットメーカー、古沢さんが描く家康像に関心が集まる。いったい「どうする」のか、コラムで推理してみた。

読売新聞オンラインのコラム本文

↑読売新聞オンラインに読者登録すると全文お読みになれます

  • 大河ドラマの最多出場者
  • 「タヌキおやじ」否定する新説が続々と
  • 桶狭間は信長の奇襲戦ではなかった
  • 大草松平家の離反は本当はもう少し先

大河ドラマの最多出場者

 家康が単独で大河ドラマの主役になるのは昭和58年(1983年)の『徳川家康』以来40年ぶりだが、62作目となる大河ドラマで、家康は実に27作に登場している。

「戦国の三英傑」でも織田信長(1534~82)と豊臣秀吉(1537~98)(ともに20作)を大きく上回り、「今さら大河ドラマでやるのがちょっと恥ずかしいくらいの超ベタな偉人」(ドラマ作者の古沢良太さんの番組ホームページでのコメント)だ。

 27作の中では松本さんのような優男やさおとこタイプの家康も何人か登場しているが、やはり大河ドラマの家康像のスタンダードは『独眼竜政宗』『葵 徳川三代』で津川雅彦が演じた「タヌキおやじ」だろう。古沢さんはこの典型的な家康像を壊そうとしているはずだ。

続きを読む

『鎌倉殿の13人』 三谷脚本は史実とどう折りあったか 時代考証の坂井孝一さんに聞く

 主人公の北条義時小栗旬さんが演じたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が、12月18日放送の第48話で最終回を迎える。伊豆の小豪族の次男に過ぎなかった義時が、源頼朝の側近となり、し烈な権力闘争に巻き込まれつつ、鎌倉武士のトップに上り詰めていく過程を描いた。

 大河ドラマ時代考証を担当した創価大学文学部教授の坂井孝一さんに鎌倉時代の実像や、脚本を担当した三谷幸喜さんとの裏話などをじっくり語ってもらった。<上><下>にわけて公開する。

読売新聞オンラインのコラム全文

インタビュー<上>

インタビュー<下>

↑読者登録しなくても全文お読みになれます

 インタビューは全文公開されているので余計なコメントはしない。じっくりお読みいただきたい。多くの人物が登場するため、演じた俳優名とともに一覧表をつけた。ドラマをご覧になった方は、ぜひ登場人物の顔やセリフを思い浮かべながらお読みいただきたい。

 大河ドラマ最終回にあわせた時代考証インタビューは2回目。前年の大河ドラマ『青天を衝け』でも時代考証者からお話を聞いている。

読売新聞オンライン本文

 

 

books.rakuten.co.jp

ランキングに参加しています。お読みいただいた方、クリックしていただけると励みになります↓

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


日本史ランキング

「ラーゲリより愛を込めて」が描くシベリア抑留はウクライナにつながる

 

 シベリアの強制収容所ラーゲリ)に抑留された日本人とその家族の壮絶な半生を描く映画「ラーゲリより愛を込めて」が公開された。二宮和也さんが演じる主人公の山本幡男はたお (1908~54)と、北川景子さんが演じる妻のモジミ(1909~92)は実在した夫婦。映画の原作はノンフィクション作家の辺見じゅん(1939~2011)が、モジミが読売新聞に寄せた投書をもとに書き上げた。

 映画と原作をもとに、幡男を通じてシベリア抑留について改めて経緯をまとめてみた。

読売新聞オンラインのコラム全文

↑読者登録すると全文がお読みになれます 

  • 終戦直前、満州で家族と生き別れ…
  • 非人道的な扱いはほぼ実話
  • 帰国はなぜ遅れたのか
  • 遅れていたシベリア極東開発 
  • シベリアとウクライナ 抑留の関係
  • ホロドモールの大失敗の挽回狙ったか

終戦直前、満州で家族と生き別れ…

 島根県隠岐島おきのしま に生まれた幡男は東京外国語学校でロシア語を学び、昭和11年(1936年)に妻のモジミとともに満州(現中国東北部)にわたる。南満州鉄道(満鉄)に入社した幡男は旧ソ連の社会、経済、軍事などを調査する部署に配属された。昭和19年(1944年)に軍に召集され、終戦時にはハルビン特務機関に配属されてソ連の新聞や雑誌の翻訳を行っていた。

 幡男は終戦直前に対日参戦してきた旧ソ連軍に捕まり、モジミと4人の子どもと生き別れになってしまうが、モジミとの再会を信じてラーゲリでの過酷な生活を耐える。ソ連側の手先になって仲間の監視を買って出る抑留者もいたというが、幡男はソ連側になびかず、自暴自棄になっていく仲間を「ダモイ(帰国)の日はきっとくる」と励まし続けた。だが、その幡男自身が病魔に襲われ、帰国が難しくなっていく。

 死期を察した幡男は、家族に宛てたノート15枚にも及ぶ遺書をひそかに仲間たちに託す。だが、収容所からは文書を持ち出せない決まりがあり、見つかって帰国が取り消された例もあった。そこで仲間たちは、驚くべき方法で遺書を届けようとする。果たして遺書に込めた幡男の思いは妻子に届くのか、が映画の最大の見どころだ。

ラーゲリより愛を込めて」ポスター
続きを読む

パーク開園を機に考える ジブリ作品と日本史の接点

 愛知県長久手市愛・地球博記念公園内にジブリパークが開園した。まず「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」「青春の丘」の3エリアが先行し、『となりのトトロ』の遊具や『耳をすませば』に登場する店舗「地球屋」が再現され、『 せん千尋ちひろ神隠し』『紅の豚』などに登場するキャラクターと写真撮影できるコーナーなどがある。来年度には第2期として「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアも開業予定だ。

 設計や現場での指揮を担当したのはスタジオジブリ常務の宮崎吾朗さん。吾朗さんの父で多くのジブリ作品の監督・脚本を務めた宮崎 駿はやお さんは、細部までこだわるため、制作にあたって時代背景を綿密に調べている。アニメが史実に沿っているかどうかを検証する意味はあまりないが、ジブリ作品は歴史を知るヒントが数多く盛り込まれている。その主なものをコラムで紹介した。

読売新聞オンラインのコラム全文

↑読者登録をすると全文お読みになれます

  • 千と千尋』の舞台は昭和初期の湯治場だが…
  • 登場するのは記紀神話の神々
  • 森の神々と人間が戦う『もののけ姫
  • 描き込まれた「自然VS人間」以外の複雑な対立軸
  • 実在の航空設計技師と堀辰雄の半生を合わせた『風立ちぬ
  • 堀越は戦争の当事者なのか
  • 2023年に公開される新作にも期待

異界に迷い込んだ千尋の成長の過程を描く『千と千尋の神隠し』(千尋の右はカオナシ)(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

千と千尋』の舞台は昭和初期の湯治場だが…

 平成13年(2001年)に公開された『千と千尋の神隠し』は、湯屋(湯治場)のある不思議な街に迷い込んだ10歳の少女、荻野千尋が自分の力で生きようとする冒険物語だ。おそらく平成の初めに森の中の不思議なトンネルをくぐって千尋が迷い込んだ街の景色は、それより60年以上前の昭和初期のものだ。

 湯屋油屋あぶらや」のモデルとされる湯治場はいくつかあるが、宮崎駿さんが参考にしたことを認めるのは東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」にある「子宝湯」。昭和4年(1929年)に東京都足立区に建てられ、廃業後にたてもの園に移築された。油屋の名前は昭和初期に大分県別府温泉を有名にした実業家、油屋熊八あぶらやくまはち(1863~1935)からとったといわれている。

登場するのは記紀神話の神々

 だが、そこで展開する物語には、太古の記紀神話の要素が詰め込まれている。疲れをいやすため油屋にやってくるのは『古事記』にも登場する 八百万やおよろず の神々なのだ。

 その神々は体内に大量のごみを宿して悪臭を発していたり、顔や言葉がなかったりと、現代人がイメージする神様とはだいぶ異なる。もともと八百万の神々は万物の自然に宿るもので、その神々が疲れて次々と湯治にやってくるのは、自然が傷めつけられていることの比喩なのだろう。

油屋を団体で訪れる神「春日様」(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM
続きを読む

プロ野球界の「記録の神様」山内以九士の大きな功績

 日本に野球が伝来して150年となる2022年、節目の年を祝うかのように、野球界で大記録が次々に誕生した。

 

記録があるから偉業が分かる 

 プロ野球については昭和11年(1936年)以降のすべての試合、すべての打席、すべての投球や守備が完璧に記録されている。ここまで記録を整備したのは、元パ・リーグ記録部長で「記録の神様」の異名を持つ 山内やまのうち以九士いくじ(幼名・育二、1902~72)の努力によるところが大きい。山内はセ・パが分裂する前の1リーグ時代を含め、2000試合以上で公式記録員を務めて正確な記録を残した。

読売新聞オンラインのコラム全文

読者登録すると全文がお読みになれます

 それだけではない。自分が見ていなかった戦前を含む5000試合を超えるスコアカードに目を通し、1球ごとに動きを確認し、誤りを正しつつ清書してデータベースをつくり上げた。学生野球でも裏方として活躍し、野球のルール整備やスコアブックの作成にも携わっている。

 故郷や家業を捨てて「記録」に人生をささげた山内は、その功績を認められ、野球殿堂入りしている。山内の孫で読売新聞編集局デジタル編集部に所属するむろ靖治やすじ記者の著書『「記録の神様」山内以九士と野球の青春』をもとに、山内ら先覚者たちの功績を振り返った。

  • 記録があるから偉業が分かる 
  • 日本に野球を伝えたのは「お雇い外国人」
  • 「野球」名付け親は正岡子規ではない
  • 最初からルールや記録を好んだ山内
  • 父の葬式にも出ず野球のことばかり
  • 本当は人好きだった?山内

日本に野球を伝えたのは「お雇い外国人」

 日本に最初に野球を伝えたのは、お雇い外国人として来日した米国人教師のホーレス・ウィルソン(1843~1927)とされる。ウィルソンは明治5年(1872年)、第一番中学(開成学校、後の東京大学)の生徒に野球を教えた。野球は開成学校の予科から分かれた第一高等中学(後の一高)で続けられ、ここで野球を知った学生たちが日本全国に広げていく。ルールは野球指導者ではないウィルソンが語った内容の口伝えだったという。

続きを読む